[PR]

 ちょうど50年前の春場所で、ハワイから来た高見山が外国出身力士として初めて関取になった。彼が切り開いた道をいま、力士を志す世界中の若者が歩んでいる。久々の日本出身横綱が注目される春場所を前に、元高見山の渡辺大五郎さん(72)に思いを聞いた。

 「稀勢の里、横綱になれてよかったね。毎日テレビでやってた。相撲が人気あると、私もうれしいです」

 192センチ、最高で200キロを超えた巨体で、愛称はジェシー。しゃがれ声やおちゃめな振る舞いも人気だった高見山は、1967年の大阪で新十両になった。

 「そう、入門から3年だ。初めて給料もらって、付け人がついて。一人前ですから、うれしかった。50年、あっという間ですね」

 「今は幕内の3分の1(42人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも