[PR]

 天皇陛下の退位をめぐる法形式で、皇室典範改正を求めてきた民進党が特例法容認に転換した。自民党から妥協案を示され、他の野党も柔軟姿勢に転じたのを受け、国会での取りまとめの期限を控えて合意を優先した。検討の舞台が再び移る政府は法案内容を詰めた上で、今国会での成立に全力を挙げる構えだ。▼1面参照

 民…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも