[PR]

 1969年夏、決勝。三沢(青森)のエース太田幸司さん(65)はマウンドで躍動した。名門・松山商(愛媛)を相手に延長18回を投げきって引き分け。翌日の再試合も完投したが、力尽きた。端正なマスクで、懸命に右腕をしならせた甲子園の「元祖 アイドル」。最後に敗れた姿は、女性ファンの心をさらに釘付けにした…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも