[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックへ向けて、ドーピング検査員の不足が懸念されている。現時点では、想定する約500人の半分ほどしか確保を見通せていない。毎年募集を行っている日本アンチ・ドーピング機構(JADA)に加え、大会組織委員会も人材確保に動く方針だ。

 ■ネックは実績、一般公募も検討

 スポ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも