[PR]

 15日投開票のオランダ総選挙で、国民1700万人の約6%を占めるイスラム教徒が排外的な空気におびえている。反イスラムを掲げる右翼・自由党の躍進が予想されるうえ、トルコの憲法改正の賛否を問う国民投票をめぐる最近の騒動も影を落とす。

 ■「国に帰れ」の声、憤る移民

 「(トルコの)エルドアン大統領を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも