[PR]

 天皇陛下の退位をめぐり、衆参両院の正副議長が15日に示した「議論のとりまとめ」は、特例法での退位を認める政府方針に沿う一方、民進党など野党の主張を一定程度取り込んだ。皇室典範の付則に「退位」の文言を明記するなど、「立法府の総意」の取りまとめを最優先した結果、野党からも評価の声が上がっている。▼1面…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも