[PR]

 58人が死亡、5人が行方不明となった2014年9月27日の御嶽山(長野・岐阜県境、標高3067メートル)の噴火災害をめぐり、死亡した登山者5人の遺族計11人が、国と長野県を相手に、計1億4千万円の支払いを求めた国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が15日、長野地裁松本支部であった。国と県はいずれも請求…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも