[PR]

 薬の公定価格(薬価)の決め方の抜本改革に向け、中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)の専門部会で議論が本格化している。薬価を毎年改定することになり、具体的なルールづくりを図る。透明性を高めて価格を抑える狙いだが、課題は多い。

 今は2年に1度、原則すべての薬の実勢価格を調べ、値下がりしてい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも