[PR]

 ■作家の慟哭(どうこく)

 9日の「昭和の選択」(BSプレミアム)は、東京大空襲で教え子を失った教師・井上有一氏の慟哭にも似た書「噫(ああ)横川国民学校」を軸に展開された。学童疎開は将来の即戦力という伏線があり、卒業すれば戦争へ駆り出される。空襲時は消火活動をという政府の圧力は、多くの犠牲を生んだ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも