[PR]

 ■「夢の復興計画」を語るスーツの男たち。豪華弁当に「おおー」とどよめいた。

 震災から1カ月後の4月。静岡県長泉町のIZU PHOTO MUSEUM(イズフォトミュージアム)の研究員、小原真史(こはらまさし)(38)は、宮城県名取市の北釜地区で被災した友人の写真家、志賀理江子(しがりえこ)(36)…

この記事は有料会員記事です。残り846文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り846文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り846文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも