[PR]

 ■「懐かしさ」生む創造力、「新しさ」導く

 ――建築家と建築史家。違いは、ありますか?

 設計をするようになって、欧州の建築への関心の持ち方が大きく変わりました。歴史家としては19世紀と20世紀の建築、それと日本との関係をみていました。設計をすると、まず中世のロマネスク様式に関心が向かった。斜塔…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも