[PR]

 ■被災地とダムに沈んだ村。共通する、住み慣れた土地から引き離された喪失感。

 東日本大震災から5年後の昨年5~6月、仙台市内の小さなギャラリーで、「増山(ますやま)たづ子と東北の記録者たち」展が開かれた。

 津波が来る前の日常の風景を切り取った写真や絵の隣に、ふるさとの岐阜県旧徳山村(現揖斐川町)…

この記事は有料会員記事です。残り848文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り848文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り848文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも