[PR]

 日本サッカー協会(JFA)が指導者などの差別や暴力を対象にした「暴力根絶相談窓口」を作ってから約3年半。この間、約300件の相談が寄せられたが、約半数は小学生が被害者とされた案件だった。年別に見ると、相談件数は横ばいで減ってはいない。このことが競技人口の減少につながりかねない、という危機感もあり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも