[PR]

 第11回アジア・フィルム・アワードの授賞式が21日夜、香港文化センターのグランドシアターで開かれ、日本映画「淵に立つ」で平和な一家を破壊する男を演じた浅野忠信が最優秀主演男優賞を受けた。また「シン・ゴジラ」の大屋哲男VFXプロデューサーが視覚効果賞を得た。浅野は「岸辺の旅」で昨年、助演男優賞を取っ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも