[PR]

 自動車が排出する二酸化炭素(CO2)の量は、自動車にガソリンや軽油を入れ、燃料がエンジンで燃えるときに出る「走行時」ベースで測ることが一般的だ。タンクに燃料を入れてから走るまでの排出量を測るので「燃料タンクから車輪まで(Tank to Wheel)」と呼ばれる。

 いっぽう、電気自動車や水素を使う…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも