[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックのドーピング検査体制を強化するため、東京都板橋区の都有地に新たな分析機関が設置されることになった。大会組織委員会の17年度予算に約6億円が盛り込まれた。

 大会期間中に行われるドーピング検査は、年間実施している件数と同程度の約5千~6千件。しかも、通常は検体を受領…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも