[PR]

 栃木県内で2015年、1型糖尿病を患っていた男児(当時7)にインスリンを投与させず死亡させたとして、殺人罪に問われた同県下野市の建設業、近藤弘治被告(62)の裁判員裁判の判決が24日、宇都宮地裁であった。佐藤基裁判長は懲役14年6カ月(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。

 被告は無罪を訴えていた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも