[PR]

 経営するアパートに生活保護受給者を住まわせ、市から振り込まれた生活保護費を金融機関からだまし取ったとして、詐欺や窃盗などの罪に問われた相模原市緑区の不動産会社社長、木内忠夫被告(63)に対し、横浜地裁は24日、懲役2年執行猶予3年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。「貧困ビジネス」を展開しており…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも