[PR]

 週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、起業家の男性が発行元の文芸春秋(東京都)などに5500万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。北沢純一裁判長は記事内容の大半について「真実とはいえない」として、同社側に220万円の支払いを命じた。問題とされたのは、2014年8月14…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも