[PR]

 危険ドラッグを購入したとして近畿厚生局麻薬取締部が医薬品医療機器法違反(指定薬物の購入)の疑いで逮捕した宮城県警南三陸署の三浦章・警部補(52)について、大阪地検は24日、不起訴処分(嫌疑不十分)にした。地検は「購入した薬物を具体的に特定する証拠がなかった」と説明している。一方で同取締部は逮捕後…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも