[PR]

 栃木県の那須高原に移り住んだ作家の谷恒生(こうせい)が、かの地での春の訪れを書いている。吹き渡る風がやわらかくなってくる。きつね色の枯れ草におおわれた田のあぜに、ところどころ、あわい緑が顔を出す▼ヨモギがひっそりと息づき始めると、それを合図に、フキノトウやツクシ、早咲きのタンポポがわれもわれもと姿…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも