[PR]

 プロ野球・巨人の元投手らによる野球賭博事件で、客に賭博をさせたとして賭博開帳図利(とり)の罪に問われた指定暴力団山口組系組員の三輪正行被告(36)に対し、東京地裁は30日、懲役2年執行猶予4年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。菅原暁裁判官は「常習的な犯行で、社会への影響は小さくない」と述べた。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも