[PR]

 「君たちは若く才能に溢(あふ)れていて、パッと局面を見ればすぐに良い手が見えるだろう。しかし、級位者なら1時間、有段者なら1時間半の持ち時間が短く感じられなければならない」。将棋のプロの養成機関、奨励会入会時に聞いた勝浦修九段の訓示が今でも印象に残っている。

 当時、私は小学生でもあり、思いつくま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも