[PR]

 極彩色の羽が渦巻く中央に鋭い目が潜む。信州の山里にたたずむ岩松院(がんしょういん)(長野県小布施町)の天井絵「八方睨(にら)み鳳凰(ほうおう)図」。21畳敷きの本堂の天井を埋め尽くす絵は、葛飾北斎(1760~1849)が晩年、この地を訪れて手掛けた傑作とされる。

 「見るものの心まで見据えているか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも