[PR]

 三池祟史の映画において、死は簡単に訪れるもので、女子供であろうが凄惨(せいさん)な出来事から免れない。要は映画の虚構性を十二分に利用してきた映画監督であるが、例外的に時代劇の領域に足を踏み入れたとき、三池はこのジャンルに脈々と流れる「大切な存在を守るため、身を投じる」という自己犠牲の精神を素直に描…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも