[PR]

 あの頃の海を、見せてあげたい――。米軍普天間飛行場の移設先として、埋め立て工事が始まった沖縄県名護市辺野古の海に、特別な思いを寄せる91歳の女性がいる。「原風景」を肌で知る最後の一人とも言われ、豊かな海の記憶は今も色あせない。

 海を望む丘の上の辺野古集落。島袋エイさん(91)は自宅のソファに座…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも