[PR]

 金、青、緑の鮮やかな対比とフラットな色面。大胆なデザインによる、現代作家の作品といっても通じるだろう。

 近年、注目が高まる江戸琳派の鈴木其一(きいつ)。琳派は、俵屋宗達や尾形光琳らにより桃山時代から江戸中期に京都で花ひらいた美意識の系譜だ。百年後、それを江戸琳派として展開させたのが其一の師の酒井…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも