[PR]

 生活保護世帯で育った子どもが大学や専修学校に進学した場合、学費や生活費の7割を奨学金に頼らざるを得ない――。そんな傾向が、堺市と大阪市立大学の調査で分かった。調査に答えた学生の半数が400万円以上の奨学金を借りており、重い負担を抱える実態が浮かんだ。

 ■進学率33%、一般の半分未満

 生活保護…

この記事は有料会員記事です。残り1443文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1443文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1443文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも