[PR]

 英国の文豪ウィリアム・シェークスピアらが、背骨が曲がり、手足がなえた醜悪な容貌(ようぼう)の持ち主として描いた、プランタジネット朝最後の王リチャード3世(1452~85)。その遺体と思われる人骨が同国中部のレスター市で見つかってから5年。DNA解析などで、全く予想されていなかった新たな歴史が判明し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも