[PR]

 墨の濃淡と余白。白と黒が、書の世界です。京都の八坂神社からお水をいただき、墨をすって、四季折々に美しい京都で、作品をつくり続けています。一番好きな季節は、新緑のころ。厳しい冬の後、キラキラと命が輝く緑は本当に素晴らしいと思います。コケにも、とてもひかれます。むろん、桜も紅葉も、世界中から人を集め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも