[PR]

 韓国国防省は16日の国会で、北朝鮮が14日に発射した新型ミサイル「火星12」について、射程4500~5千キロの中距離弾道弾(IRBM)との見方を示した。大気圏再突入技術が完成したかどうかは確認できないとした。

 韓民求(ハンミング)国防相は答弁で、ムスダン中距離弾道ミサイル(射程3千キロ以上)が9…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも