[PR]

 ■1991年・決勝

 先行逃げ切りで勝ち上がってきた沖縄水産にとって、追いかける展開は2回戦の明徳義塾戦以来。しかし、すぐ反撃に出た。

 二回、口火を切ったのは5番仲村。チーム初安打を中前に放って出塁すると、相手守備のミスもあって生還し、まず1点を返した。

 「あいつは宇宙人」と仲間が笑う好打者…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも