[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピック開催経費の分担について、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は16日、仮設施設の建設費など計1千億円を新たに負担すると発表した。1兆6千億から1兆8千億円と試算している総経費のうち、組織委の負担は6千億円となる。また、約500億円とされていた都外会場の仮設施設建設費は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも