[PR]

 本来ならば底なしに深い、めくるめく書き言葉の芸術であるべきはずなのに、日常会話の延長線上にしかない、安直な話し言葉に頼りきった、この程度の代物で、はてさてこれらのいったいどこが文学なのやら。それがこの世界に首をつっこんだ二十三歳のときの、偽らざる印象だったのだが、しかし、かくいうおのれ自身の腕が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも