[PR]

 一家の主=当主といえば、今も昔も男性のイメージが強い。江戸時代の村でも書面や帳簿に家の代表者として書かれるのは、ほとんどが男性の名前である。女性の名前もあるが、父親や夫が亡くなるなどで「後家」となり、その後、息子などが成長するまでの一時期である場合が多い。とはいえ、長きにわたり、たくましくその務め…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも