[PR]

 頭でっかちのインテリを扇風機のプロペラにたとえて皮肉ったのは劇作家の寺山修司だった。くるくる回っているだけで前に進まない、というのである。

 江戸時代に編まれた忍術秘伝書「萬川集海」も、「考えすぎ」を「恐れ」「侮り」とともに「忍術の三病」としている。考えすぎると「敵が潜んでいるのでは」「爆薬が仕掛…

この記事は有料会員記事です。残り1051文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1051文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1051文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも