[PR]

 米司法省が17日、昨年の大統領選に対するロシアの介入問題に絡む捜査で、独立性が高い特別検察官に連邦捜査局(FBI)のロバート・マラー元長官(72)を任命した。「必要なし」との意向だったホワイトハウスに対し、公正な捜査を求める司法省が反旗を翻した形だ。トランプ大統領による司法妨害など、相次ぐ「ロシア…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも