[PR]

 1990年代、「同性愛者だから」という理由で、東京都の施設から宿泊を拒否された若者たちがいた。「法の下の平等や集会の自由を定める憲法に照らしておかしい」と裁判に訴え、「都は差別的な取り扱いをした」とする東京高裁の判決が確定した。それから20年、いまは教員や弁護士になった当事者に、憲法の理念と少数者…

この記事は有料会員記事です。残り1760文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1760文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1760文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも