[PR]

 文部科学省元職員らによる大学への天下り問題には、これまでに報じられた違法性の問題以外にも、教育行政上の重要な論点がある。学位の価値という問題はその一つ。それに気づかせてくれたのは、3月の参議院予算委員会のやりとりだった。

 質問した野党議員が、大学の教授職に就いた文科省の元職員は最近3年半で15人…

この記事は有料会員記事です。残り979文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り979文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り979文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも