[PR]

 幸四郎と吉右衛門。血を分けた兄弟で、対照的な芸風の2人が、昼夜に古典の義太夫狂言を出す。そこには「現代の歌舞伎は如何(いか)にすれば可能か」という問いかけが潜んでいる。

 吉右衛門は、昼「御所桜堀川夜討(ごしょざくらほりかわようち) 弁慶上使」の弁慶を演じて、古風なたたずまいである。弁慶は生涯に一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも