[PR]

 「天皇」がテーマとなった8日の衆院憲法審査会は、皇位継承のほか、公的行為を憲法に位置づけるかが論点となった。天皇陛下の退位を実現する特例法案をめぐっては国会の「総意」を優先して、各党とも抑え気味だった天皇制の議論だが、今回は党の枠組みを超えてさまざまな意見が表明され、天皇観の幅広さが浮き彫りとなっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも