[PR]

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の再稼働をめぐり、佐賀地裁は13日、運転で重大な被害が生じる具体的な危険は認められないとして、差し止めを求めた住民らの仮処分申し立てを却下した。住民らは「九電の説明をうのみにした不当な決定だ」とし、福岡高裁に即時抗告する。

 申し立てていたのは、市民団体「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも