[PR]

 自民党憲法改正推進本部の保岡興治本部長は13日、東京都内で講演し、憲法改正の国民投票と国政選挙を同日に実施する可能性について、「法的に禁止されているわけではない。政治的な判断の余地を残している」と述べ、否定しなかった。

 保岡氏は2004年、衆院憲法審査会の前身の憲法調査会では「政権を争う国政選挙…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも