[PR]

 JR史上最多の死傷者を出した宝塚線脱線事故の刑事裁判は、歴代社長らの無罪の形で終結する。だが、鉄道の安全対策や強制起訴制度の課題など、事故が社会に投げかけたものは多い。▼1面参照

 今回の裁判で、最高裁は、歴代社長らが現場カーブの危険性を認識していなかったと判断した。認識がなければ、自動列車停止…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも