[PR]

 批評家・東浩紀さんの新著『観光客の哲学』(ゲンロン)が話題を呼んでいる。ナショナリズムとグローバリズムが席巻するこの世界で、国境を超えて「他者」同士が尊重しあえる普遍的な思想をどう起動させればいいのか。その道筋を提示しようとする哲学書だ。

 4月に刊行され、すでに2万7千部。「欧米の思想家も誰ひ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも