[PR]

 奈良県橿原(かしはら)市の瀬田遺跡で、弥生時代後期(2世紀後半)のものとみられる台座のような脚が付いた編みかごが見つかった。奈良文化財研究所(奈文研)が21日、発表した。脚付きの編みかごの出土は全国初。脚部分は過去にも出土例があるが、用途が不明だった。土の上に直接置かないようにするためだったとみら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも