[PR]

 福島第一原発事故の除染事業をめぐる作業員の宿泊領収書改ざん問題で、準大手ゼネコンの安藤ハザマ(東京都港区)が、発注元の自治体から、水増し領収書の総額と同じ約8千万円を受給していたことが関係者の話でわかった。同社は水増し分を受給したかは「調査中」としていた。

 東京地検特捜部は21日、同社の担当者の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも