[PR]

 米配車サービス最大手ウーバー・テクノロジーズを創業したトラビス・カラニック氏(40)が20日、最高経営責任者(CEO)を辞任した。社内のセクハラや差別、技術盗用疑惑など不祥事が続き、幹部が流出するなど混迷。主要株主が辞任を強く迫っていたという。

 米メディアの報道を同社が認めた。後任は不明。カラニ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも