[PR]

 先週まで聞いたことのない虫ではあったが、漢字なら火蟻(ひあり)と書く。英語でもファイア・アント。1962年刊行の名著『沈黙の春』で、生物学者レイチェル・カーソンも「刺されると焼けつくように痛いためにこんな名前がついた」と述べている▼当時、米国では薬剤散布による駆除をめぐり賛否の論争が起きた。そのヒ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも