[PR]

 東芝は21日、半導体子会社「東芝メモリ」の売却で、優先交渉先を経済産業省が主導する「日米韓連合」に決めた。経産省の思惑や米ウエスタンデジタル(WD)による売却差し止め訴訟で、迷走が続いた末の決着だ。ただ、その枠組みもいまだに流動的。売却が順調に進むかどうかは見通せない。

 ■選定直前、滑り込みの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも